2012年サケ稚魚初放流レポ

できごと

3月9日に今年最初のサケの稚魚たちが旅立ちました。
2011年の10月1日から採卵した稚魚たちで、12月30日からエサを食べ始め、5cm・1gの元気な放流サイズに育ちました。
午前中はマスコミさんと初放流、午後は職員だけで2回目の放流をしました。

初放流:5万6100匹
2回目:6万9200匹
計:12万5300匹
放流場所:豊平川東橋上流

それでは、これより先は当日のレポートを写真でご紹介します。
長くなりますが、よかったらご覧下さい。
初放流1
まずは地下の池で泳ぐ稚魚を網ですくってトラックに積みます。
初放流2
トラックの荷台では運搬用の酸素つき水槽がスタンバイ
初放流3
豊平川東橋上流についたら、バケツにいれて
初放流4
川まで運んで
初放流5
放流~。「いってらっしゃい」「元気で行くんだよ」
ホース放流1
ホース放流2
午後は同じ場所で、ホースを使って一気に放流しました。
大事に育てたサケ稚魚たち。3~4年後70cmの親ザケになってまたここで会いたい、それまで元気でね!と送り出しました。

タイトルとURLをコピーしました