真駒内川のサクラマス産卵床調査

Newsサケ情報その他の川できごと

真駒内川には数多くの人工構造物である落差工がありますが、その多くに魚道ができ、豊平川との合流点から約10km上流まで遡上が可能となりました。
そこで、真駒内川のサクラマスがどこまで遡上し、何か所産卵した場所があるか9月27日に調査しました。

サクラマスが産卵していた場所

中には、人工構造物である落差工の上にも産卵床がありました。

落差工の上の産卵床

また、すでに産卵を終えたホッチャレも多数ありました。

メスのサクラマスのホッチャレ

調査の結果、石山東1丁目から真駒内公園内を中心に150か所以上の産卵床が確認できました。

サクラマスの産卵床

また、サケのホッチャレも確認され、サケの産卵床も6か所確認されました。

《9月27日現在》
サケの産卵床確認数:8個

タイトルとURLをコピーしました