2011/9/30 (金)

豊平川のサケ産卵床調査結果

 カテゴリ:News,サケ情報,豊平川 

豊平川にて、今シーズン一回目の産卵床調査を9月28日におこない、藻岩上橋から環状北大橋までの間で、サケが卵を産んだ場所を調べました。

台風15号の影響で、川の地形が大きく変わってしまっていて、始めに地図を大幅に修正をしなければなりませんでした。川岸の樹木はなぎ倒され流れが変わっていたり、河原の州が削られてなくなっていたり、反対に大きく堆積しているところもありました。

砂がたくさん堆積してしまった東橋下流の水路
川岸の木がなぎ倒されたJR鉄橋付近

また、堰堤に作られたの魚道(魚が上るための水路)が完全に砂利で埋まってしまっているところもあり、台風の影響の大きさを実感しました。

砂利で魚道が完全に埋まってしまった堰堤

南7条大橋から水穂大橋を中心にサケの産卵床があり、81ヶ所の産卵床が確認できました。
豊平橋付近と水穂大橋上流で、橋の上から産卵しているサケが観察できました。

いっぽう、サクラマスの産卵床は、30ヶ所ありました。本来、サクラマスはサケの産卵域よりも上流で産卵するのですが、今年は多くのサクラマスがサケの産卵域で産卵していました。

産卵していたサクラマスのペア

《9月28日現在》
産卵床確認数: 89個
推定遡上数: 180匹

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.