琴似発寒川サケ情報

サケ情報琴似発寒川

今シーズン2回目の琴似発寒川のサケの調査に行ってきました(10月18日現在の情報です)。
琴似発寒川寒月橋
オススメの観察ポイントは、JR鉄橋のすぐ下の橋、寒月橋から下流です(上の画像は橋から下流を見たところ)。
橋の上からも見えますが、右側の護岸を下流に歩いて行くと、サケが見やすいです。この日は13匹のサケが見えました。

ただ、体が白い上ってから日が経ったサケが多くて、上りたてが少なめです。前回から新しく上ってきているサケは少ない様子。
この場所もこの先、見えるサケの数は減りそうです。

農試公園橋
橋の柵のサケ模様が素敵な橋が、農試公園橋です。

農試公園橋下流のサケ
本来なら、農試公園橋の少し下流でサケがいっぱい卵を産むのですが、上ってきているサケは少ない様子。2匹のメスが産卵行動中で、オスは5匹参加していました。少しさみしい様子ですが、農試公園橋の右側の護岸を下流に歩いていくとサケが見つけられます。

八軒橋上流にいたカモ
この日もかもめ橋から八軒橋まで歩いて終了。
見つけた産卵床(サケが卵を産んだ場所)は36カ所。
見つけたサケは29匹。
この時期にしては、新しく遡上したサケが少ないです。カモならいっぱいいるのですが、、、

タイトルとURLをコピーしました