オビラメ(イトウ)の旅立ち

できごと

イトウの南限にあたる尻別川にすむものを地元では「オビラメ」と呼んでいます。
さけ科学館では、保護活動をしているオビラメの会※が繁殖させたイトウの飼育協力をしています。

obirame.jpg
   3歳になったオビラメ

2004年に生まれたオビラメが3歳になり、預かっている魚の一部をオビラメの会に返却しました。さけ科学館では、引き続きオビラメの飼育を行ない、卵が取れる大きさまで育てていきたいと思っています。

オビラメの会から感謝状をいただきました。

obirame2.jpg
    感謝状の授与

obirame1.jpg
    感謝状

※「尻別川の未来を考えるオビラメの会」は、北海道尻別川に生息する「南限のイトウ」保護に取り組むNGOです。
オビラメの会のホームページ 
http://obirame.sakura.ne.jp/

タイトルとURLをコピーしました