2015/10/1 (木)

琴似発寒川サケ・サクラマス産卵床調査

9月29日(火)と本日10月1日(木)、琴似発寒川へ産卵床(卵を産んだ場所)の調査に行ってきました。
調査区間は、①平和霊園横~左股川と琴似発寒川の合流点、②福井堰堤~左股川と琴似発寒川の合流点、③左股川と琴似発寒川の合流点~八軒橋です。
ここ最近、雨が急に降ったり止んだりで、左股川が濁っていたため、琴似発寒川との合流点から下流はその影響を受けていました。
でも、いましたよ!サクラマス!!
サクラマスの産卵床の様子
大きな産卵床の上で大きなメスが穴を掘っている最中、大きなオスとちょっと小さなオスがケンカしていました。
ケンカしているサクラマス
サクラマスは、写真のような堰堤の際や、川岸の草木がかかっているところなどに卵を産みます。
サケよりも警戒心が強い印象を受けます。
サクラマスの産卵床
今回の調査でのベストショットはこちら↓↓
産卵行動中のサクラマスたち
【2015年9月29日(火)・10月1日(木)の調査結果】
サケの産卵床:18か所
※9月中旬に、寒月橋の下流にいたサケたちの産卵行動は終わったようです。次の群れが早く来るといいですね。
サクラマスの産卵床:66か所
※10月1日(木)の調査の際、八軒橋から上流に向かって2つ目の階段護岸までの区間で、サクラマスを10尾弱確認しました。観察できる期間は短いので、もし機会があれば早めに!(増水時は近づかないで下さい)

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.