2015/12/28 (月)

2015豊平川産卵床調査_6回目

こんにちは。
ここ2日間で急激に気温が下がり、一気に冬が来た感じがしますね。
道路もつるつるです。
12月25日(金)と12月27日(日)の2日間で、今年度6回目の豊平川調査へ行ってきました。
もちろん川も極寒です。
水から上がると、ウェーダーがすぐに凍りつきます。
カモメも寒そうですね。
かもめ
サケも遡上のピークを越えて、全体の数としては減ってきてはいるものの、未だたくさんのサケが産卵行動しています。
特に調査区間の下流側(水穂大橋~上白石橋)に集中しています。
※全体的に見ると、早い時期のサケは上流域でも見られますが、水温の低下とともに、だんだんと下流域での産卵行動が増えていく傾向にあります。なお、終盤において上流域で全く産まなくなるわけではありません。
こんな姿になっても命の限り子孫を残そうと頑張っているんですよ。
サケ水中写真
今回の調査で、サケを安全に観察できるポイントを見つけることはできませんでした。
橋の上から見ることが可能な場所はあるのですが、雪が積もり大変危険ですので、ご紹介できません。
ご了承ください。
残すところあと1回となりました。
来年1月上旬に実施を予定します。
では皆さま良いお年をお迎えください。

≪2015年12月27日までの累計数≫

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  766ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     約1532尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  237尾

≪観察ポイント≫
なし

2015/12/25 (金)

年末年始の開館・休館についてのご案内です。

 カテゴリ:News,できごと 

さけ科学館は、

平成27年12月28日(月)~平成28年1月4日(月)の期間、年末年始のため、休館いたします。

年内は12月27日(日)まで、年明けは平成28年1月5日(火)から通常通り開館いたします。

今年は年末年始の休館日の前後が月曜となっており、定休休館とさせていただきます。
お間違えのないようご注意ください。

2015/12/10 (木)

2015豊平川産卵床調査_5回目

こんにちは。
12月9日(水)と10日(木)の二日間で、5回目の豊平川産卵床調査を行いました。
昨日は暖かいとは言え、やはり冬の調査。
みんな完全防備で挑みます。
調査準備風景
調査風景
今年はサケが多いようで、この時期でもたくさんのサケに出会うことができました。
※参考
2014年12月5日~10日に実施した調査では38か所の産卵床を確認しましたが、今年度同じ時期の調査では114か所の産卵床を確認。
体高のあるオスザケ
こんな体高のあるオスザケや、
ホッチャレ
食べられて乾燥しているホッチャレが見られました。
トビ
トビもホッチャレを狙っているんですかね。
観察ポイント
今回見つけたサケの観察ポイントはこちら。
『東橋上流右岸』です。
赤の丸で囲まれている所に群れていました。
橋の上から上流側を見ると、15尾程度のサケを観察することができます。
橋も滑りやすくなっていると思いますので、覗き込む際は注意してください。
12月中にもう1回と、1月前半に1回、今年度の豊平川産卵床調査も残すところあと2回となりました。
また結果を報告しますね☆

≪2015年12月10日までの累計数≫

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  639ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     約1278尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  191尾

≪観察ポイント≫
・東橋上流右岸
※雪が降り、護岸も滑りやすくなっています。他にもサケを見ることができる場所はありますが、安全に観察できるであろう場所をご紹介しています。

2015/11/24 (火)

2015豊平川産卵床調査_4回目

一晩で一気に「冬」って感じになりましたね。
よりによって調査の日に合わせて降らなくても良いんですけどね(;_;)
冬景色
11月22日(日)と本日24日(火)の2日間で、豊平川の4回目のサケ産卵床調査を行ってきました。
今回もたくさんのサケたちと産卵床を確認しました。
ホッチャレもたくさん。
調査風景
下の方にあるマップをご覧いただければ分かるように、山鼻川と豊平川の合流点~南7条大橋までの区間では産卵床もサケも確認できませんでしたが、藻岩橋下流や水穂大橋と東橋の間(右岸)、東橋下流左岸、上白石橋下流左岸では、たくさんのサケに出会うことができました。
ホッチャレ食べられる
調査していると、ホッチャレの役割を感じさせてくれる一場面に遭遇。
つつかれたホッチャレの周囲には、カラスの足跡が多数ありました。
お食事邪魔してごめんね、カラスさん。
観察ポイント
【今回見つけた観察ポイント】はこちら。
藻岩橋を下流側から見上げた様子です。
赤で囲まれた場所に、それぞれ10尾程度のサケたちを確認しました。
橋の上から下流側を見ると観察できると思います。
ボロボロになっている個体もいたので、今月いっぱいかな。という印象でした。
次回は12月上旬に調査を行う予定です。

≪2015年11月24日までの累計数≫

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  525ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     約1050尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  176尾

≪観察ポイント≫
・藻岩橋下流
※雪が降り、護岸も滑りやすくなっています。他にもサケを見ることができる場所はありますが、安全に観察できるであろう場所をご紹介しています。

2015/11/12 (木)

「さっぽろ花と緑のまちづくりフォーラム2015」のご案内

 カテゴリ:できごと 

さけ科学館を管理している札幌市公園緑化協会からのお知らせです。

花と緑のネットワーク事務局では、11/28(土)に開催する「さっぽろ花と緑のまちづくりフォーラム」をご案内しております。
ご興味のある方は、花と緑のネットワークHPからご覧下さい。
花と緑のネットワークHP
さっぽろ花と緑のまちづくりフォーラム2015

2015/11/8 (日)

2015豊平川産卵床調査_3回目

11月3日(火)と7日(土)の2日間に分けて、豊平川のサケを調査してきました。
調査風景
豊平川、きっと今が遡上のピークです!
まだご覧になってない方は、ぜひ一度足を運んでもらえたらと思います。
あと1週間くらいは、【水穂大橋と東橋の中間地点_右岸側】でサケを観察できると思います。
見つかった産卵床は150か所。
ホッチャレも多数ありました。
(顕微鏡での年齢調べが大変・・・。)
今回は良い写真が撮れなかったので、ここでクイズを☆
次の写真のサケはメスザケでしょうか?オスザケでしょうか?
サケ頭部①
サケ頭部②
歯が鋭いですね!
でも鼻曲がりが弱い気がするし・・・メス・・・いやオス・・・?
正解は【メスザケ】です。
メスザケ
尾びれだけを見れば、メスザケなんですけどね。
ちょっとオスっぽい顔つきのメスザケでした。
11月末に4回目の調査を予定しています。
その際、観察ポイントがあれば、またこのブログにてお知らせしますね。
では!

≪2015年11月7日までの累計数≫

・産卵床確認数(豊平川)

 サケ産卵床  372ヶ所

・遡上推定数
※産卵床数の2倍の数が、推定遡上数となります。

 サケ     約744尾

 ホッチャレ/親魚計測個体数  133尾

≪観察ポイント≫
・水穂大橋と東橋の中間地点(右岸)
・平和大橋直下右岸

2015/11/6 (金)

星置川サケ観察情報!

星置川に行ってきました!寒くなりましたが、川の中ではサケたちが元気に産卵行動をしていました。

観察ポイントは「星流橋」(星観緑地にかかる橋です)橋の上から下流側直下をのぞくと産卵行動中のサケを見ることができました。

<星流橋、下流側から撮影>
ho001
<星流橋上から下流側を撮影※赤矢印のところにサケがいました>
ho002
<穴を掘るメス、あと少しで産卵しそうな状況でした!>
ho003

2015/11/5 (木)

琴似発寒川サケ産卵床調査!

琴似発寒川に行ってきました!

今が一番のピークのようで、サケたちをたくさん見ることができました!

農試公園橋下流では、30尾以上のサケたちが元気に産卵行動をしていました。今シーズン最初に産卵し、しばらく姿を見せなかった寒月橋下流でも、7尾ほどのサケを見ることができました。いたどり橋上流でも、20尾以上のサケを見ることができました。

観察のお勧めポイントは、農試公園橋下流です。本日は光の加減が悪く、たくさんいるところを撮影したかったのですが、上手に撮れませんでした・・すみません・・

<農試公園橋下流、赤く囲っているところでたくさんのサケを見ることができました!>
sh001
<農試公園橋下流側直下でも見ることができました>
sh002
<農試公園橋下流側直下、サケの♂たちが喧嘩をしていました>
sh003
<農試公園橋下流階段護岸前でも見ることができましたが・・上手に撮れてなくてすみません・・赤く囲った場所で4尾ほど見ることができました>
sh004
<本日の一番良いショット!産卵行動の真っ最中でした!>
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2015/10/24 (土)

豊平川サーモンウォッチング☆

こんにちは。
今日の午前中、豊平川にてサーモンウォッチングを実施しました。
朝の7時前に下見に行くと、昨日目星をつけていたところが冠水!!(゜Д゜)
夜中にダムからの放水があったのでしょう。
昨日と比べ、約40cmも水位が上がっていました。
サケも産むところを選ぶの大変ですね。
天気予報は雨で、実施するか迷いましたが、幸い観察や捕獲に支障はなかったので、決行しました。
来週はもっと天気悪そうですしね。。。
豊平川サーモンウォッチング①
みなさん完全防備です。
豊平川サーモンウォッチング②
観察ポイントに着き、職員からの説明を交えながら捕獲開始!
2人で同時に投網を振り、計5尾のサケの捕獲に成功。
豊平川サーモンウォッチング③
雨が降っていたので、東橋の下でサケの観察しました。
※もちろんサケが衰弱させないための配慮は欠かしていません。
酸素のブクブクを出しながら運搬し、観察最中もバケツにつけながら行いました。
みなさん興味津々で真剣に話を聞いてくれました。
寒い中のご参加ありがとうございました。

2015/10/23 (金)

星置川サケ観察情報!

星置川サケ観察情報をお知らせします!(2015/10/23現在)

新星観橋の上から下流側をのぞくと、左側の流れで見ることができました。右側の流れにも産卵床を守るメスを見ることができました。
星流橋の上から下流側をのぞくと、複数のサケたちが産卵行動中でした。上流側でも見ることができました。

001ho
<↑新星観橋※列車と撮影してみました。>

002ho
<↑新星観橋の上から下流側をのぞくと、左側の流れところにサケがいました。>

003ho
<↑産卵行動中のサケたちを見ることができました。>

005ho
<↑下流側、川の中から星流橋を撮影。>

006ho
<↑星流橋の上から下流側をのぞくと、赤く囲っているところで複数のサケたちを見ることができました。>

007ho
<↑星流橋の上から上流側をのぞくと、立派なオスのサケを見ることができました。>

次ページへ »

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.