2013/9/28 (土)

琴似発寒川サクラマス・サケ産卵床調査(2回目)

今日は、お昼から琴似発寒川の産卵床調査に行ってきました。

天気もよく絶好の調査日和でした。

琴似発寒川産卵床調査

基本的に、サクラマスの産卵床はサケよりも上流の方にあり、

主に川の岸寄りで何かが覆いかぶさってるような場所に産卵します。

遡上したサクラマス

サクラマス産卵床

この子に見覚えはありませんか?

つい先日、アップしたブログにも出てきましたよね。

琴似発寒川に遡上するカラフトマスは数が少なく珍しいので、

多分9月12日に発見した個体と同じだと推測されます。

(ちなみに、この個体はすでに死んでいたものです。)

カラフトマス(オス)

今後もたくさんのサケたちが帰ってくることに期待しましょう☆

今日の調査結果は…

≪2013年9月28日の累計数≫

・産卵床確認数

シロザケ産卵床  54か所

サクラマス産卵床 34か所

≪琴似発寒川サケ観察おすすめポイント≫

・寒月橋下流

豊平川藻岩橋からサケが見えます

 カテゴリ:サケ情報,できごと,豊平川 

豊平川の藻岩橋(南36条付近の橋)でサケが見えるよ!という情報をいただいたので、見に行ってきました。
藻岩橋サケ
9月28日現在、橋の上から下流方向を覗くとサケが6匹ほど見えました。
白く傷ついているサケや、まだ元気なサケが混ざっています。
藻岩橋 掘るメスザケ
中には、穴を掘ろうとしているメスザケもいましたが、どこに掘ろうか決めかねている様子。もしかしたら、ここじゃないところに産もうとして、別の場所に泳いで行ってしまうかも知れません。
この状況だと、いつまでいてくれるかはわかりませんが、お近くの方は何かのついでに覗いてみてはいかがでしょうか。

真駒内川さけ科学館横にサケがいます!

(橋の真下にいたサケが見えなくなりました。10/4追記)

今年も、真駒内川さけ科学館横にサケが来ました。公園橋の上から見えます。
真駒内川公園橋からサケを見る人々
皆さん見てます。
真駒内川公園橋サケ
公園橋から下流方向の、橋の直下にいるので、ぐっとのぞき込むとサケがいます。もう、卵も産んでいるようです。
真駒内川公園橋サケ 上流のメス
公園橋の上流方向の真下には、穴を掘ってこれからさらに産む準備をしているメスもいました。
真駒内川公園橋サクラマス
午前中は、同じ場所でサケの仲間のサクラマスも見つけました。

サケやサクラマスはまだ体がきれいなので、これから数日はここにいてくれそうです。雨が降ると濁って見づらいので、雨が降っていない日に、是非ご覧下さい!

2013/9/27 (金)

2013年度豊平川サケ産卵床調査(1回目)

 カテゴリ:サケ情報,できごと,豊平川 

気温も下がり、サケたちが元気に帰ってくる季節になってきました。

毎年この頃になると、豊平川の産卵床調査を行っています。

今日は、真駒内川と豊平川の合流地点から環状北大橋までの区間を調査しました。

豊平川産卵床調査

南7条大橋の下流右岸側では、1匹のメスザケに対し4匹のオスザケが確認できました。

オスザケたちのケンカは激しく、水面がバシャバシャと波立っていました。

写真は、ケンカで勝ったオスとメスのペアの様子です。

キレイに撮れたので載せてみました。

サケペア

調査中、ちょっと気になる場所を発見!

これは4号床止め(南7条大橋上流)の様子です。

下の方に見えるコンクリートの向こう側が魚道のはずなのですが、ストック(1m程度)の長さよりも高く石や土が堆積しています。

よって、右岸側はサケが遡上しにくくなっていて、回り道をして左岸側から上流を目指さなくてはいけない状況になっています。

4号床止め魚道埋没


大きな地図で見る
今回の調査の結果は…

≪2013年9月27日現在の累計数≫

・産卵床確認数(豊平川+真駒内川)

 サケ産卵床  97ヶ所

・遡上推定数

 サケ     約194尾

 ホッチャレ確認数  4尾

2013/9/24 (火)

さっぽろサケフェスタ2013開催しました!

 カテゴリ:News,できごと 

今年も『さっぽろサケフェスタ2013』を無事に開催しました。ご参加下さったみなさま、本当にありがとうございました。
多くのプログラムでのみなさんの楽しんでくださっている様子を、写真ライブラリでお楽しみ下さい。
サケの重さ当てクイズ
フェスタの恒例クイズ『サケの重さ当てクイズ』が、イベントの玄関口でお出迎え。今年のクイズのサケは大きかったですが、予想の重さが一番近かったお子さんは9グラム差!すごい目利き!

親ザケの絵かき歌ライブ
ステージプログラムから『親ザケの絵かき歌ライブ』

カメカメレース
毎年なんだか大人気のステージプログラム『カメカメレーース!!』
水生ガメたちがのんびりと、甲羅干ししながら歩きます。

模型のサケを持ち上げてみよう
お魚クイズブースによる、リアル模型のサケを持ち上げてみる体験ブース

川のお水しらべ
札幌市内の川のお水のきれいさを調べるブース。環境についても学べます

木やイタドリで工作
木やイタドリの茎で工作するブースは終日子どもたちでいっぱい!

魚拓体験
本物の親ザケを使って、本格的な魚拓体験ができるブース

サケの一生すごろく
サケについて学べる教材「サケトランクキット」で学べるブースから、サケの一生すごろく

抽選会特賞
お祭りのラストは、お待ちかねの抽選会。特賞の新巻鮭は、にっこり笑顔の女の子に当たりました^^

『さっぽろサケフェスタ2013』には、企画と運営にとても沢山の地元の団体や企業の方が関わって下さっています。また、当日スタッフとして沢山のボランティアスタッフも参加して下さいました。
そして、そのフェスタを楽しみにたくさんの方が遊びに来て、ゆっくり遊んでくださいました。すべてのみなさんに感謝の気持ちでいっぱいです。

みなさま、ありがとうございました。
今年もサケの季節の始まりですね。

2013/9/20 (金)

真駒内川にもサケが!

 カテゴリ:News,サケ情報,豊平川 

さけ科学館横の真駒内川(公園橋)から豊平川本流の合流点まで、サケ調査をしてきました。
合流点までの間に、サケが卵を産んだ場所(産卵床)が2ヶ所ありました。サケも5尾ぐらい見る事ができました。

(公園橋上から下流を撮影※赤矢印の場所で産卵床を確認しました。川岸から観察するのは難しいです・・)

産卵行動中のオスのサケも見ることできました。

(赤まるの中にいるのがサケのオスです。身体が綺麗なので、まだ元気いっぱい!)

豊平川の合流点付近にも、サケの産卵床が4ヶ所ありました。5尾ぐらいのサケたちが元気に産卵行動をしていました!

(上流から藻岩上の橋を撮影※赤まるの範囲に産卵床がありました。残念ながら川岸から見るのは難しいです・・)

例年、公園橋のすぐ下で、サケやサクラマスが産卵していますが、今年はまだ観察できていません。今年も見られると良いですね!

2013/9/12 (木)

濁川にもサケが!

濁川にもサケ調査に行ってきました。
例年は10月に入ってからサケが見られるようになるのですが・・本日、オスのサケを1尾だけ確認しました!

サケ
(体長65.0㎝、満3歳のサケでした。※計測後、放流しました。)

去年は多くのサケを見ることが出来ました。今年もたくさんのサケたちが元気に帰ってくると良いですね!

星置川にもサケ調査に行ってきました!

 カテゴリ:News,サケ情報,星置川 

星置川のサケ調査に行ってきました!

例年より早く、星置川でもサケの産卵がはじまっていました!
5号線下流
(下流から国道5号線を撮影)

この付近でサケたちが元気に産卵行動をしていました!
サケ
(赤マルで囲っている所にサケがいます。産卵行動中でした)

新星観橋下流でもサケたちが産卵していました。
産卵床
(赤マルで囲っているところは、産卵床です。サケは写っていませんが、上流側の深みで2尾のサケたちが泳いでました)

星置川のサケの遡上ピークは、10月~11月です。
たくさんのサケたちが見られると良いですね!

琴似発寒川でサケの調査をしました

今日は今季はじめてのサケ調査を行いました。
例年よりも早くサケの産卵がはじまっていました。場所は寒月橋下流です。

琴似発寒川調査場所
(寒月橋)

寒月橋下流では、5尾ぐらいのサケを見ることが出来ました。

産卵床
(赤マルで囲っている場所に産卵床があります)

サケ
(赤マルで囲っている場所にサケがいます)

今日はシロザケ以外にも、他のサケたちの仲間たちも見ることが出来ました!

サクラマス
(サクラマス)
カラフトマス<
(カラフトマス※珍しいお客さんです!)

 サケの遡上シーズンはこれからです!琴似発寒川の遡上のピークは、10月~11月です。
 今年もたくさんのサケたちが見られると良いですね!

シロザケ豊平川第1号捕獲!

 カテゴリ:News,サケ情報,豊平川 

9月10日(火)昼前

豊平川南7条大橋上流右岸側に1つの黒い魚影が。

豊平川南7条大橋上流右岸側(4号床止め)

黒い魚影

最初に見つけてくれたのは、さけ科学館に実習に来ている酪農学園大学の学生さんです。

そこまで大きな個体ではなかったので、

ぱっと見はサクラマスと区別がつかなかったのですが、

シロザケ豊平川第1号

ひとまず捕獲してみることに。 

目が両方傷ついているものの体はきれいなシロザケでした。

【性別】オス

【体長】66.0cm

【年齢】満3歳

シロザケ豊平川第1号展示

このシロザケはさけ科学館に持ち帰り、地下観察室から上がったところに展示しています。

今年もたくさんのサケが帰ってきてくれるといいですね。

次ページへ »

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.