2010/8/25 (水)

イベント当日!!

 カテゴリ:できごと 

みなさん、こんにちは。実習生です。
ついに私たちが企画したイベント当日を迎えました!

当日は…


こんなにも多くの人が参加してくれました!


みなさんザリガニ釣りに夢中です。

中には私たちが作成したポスターが展示してありました。
見ていただけましたか?

また、この日は作者である楡木啓子さんによる絵本
「星になった鮭」の読み聞かせもありました。
お話しどうだったかな?

みなさん私たちが企画したイベントを楽しんでいただけたでしょうか?

しかし、私たちが伝えたかったことはアメリカザリガニ釣りの楽しさではなく、
アメリカザリガニは外来種であるということです。

最近札幌市内でもアメリカザリガニが見られるようになったのは、
アメリカザリガニが外来種で、もともといる生き物に影響を与える可能性が
あるということを知らずにアメリカザリガニを
放してしまっているからなんです!!

私たちが伝えたかったことは、人間の身勝手さにより、自然が少しずつ変化し、減少してきているということです。

このことは、アメリカザリガニだけに言えることではありません。
他のどの生き物にも共通して言えることなのです。

ですから、自分が飼っている生き物は絶対に最後まで飼うということを
約束してください!!

このイベントを通して、外来種についてや、生き物を飼う責任というものについて改めて考えていただけたらと思います。

2010/8/21 (土)

わんぱく遊び隊!!

 カテゴリ:できごと 

みなさん、こんにちは。実習生です。
今日は自然ウォッチングセンター主催の親子自然ウォッチング
「わんぱく遊び隊!」に参加してきました。

何をしたかと言うと…

まずは魚とり!!


石をひっくり返すと魚発見!!草が生えている際にも魚がいました。

写真は、ウグイとフクドジョウとスジエビです。
他には、ハナカジカやヘビトンボの幼虫などをみつけました。

捕れた魚は何の魚なのか勉強しました。

次は…

川遊び!!
川を流れたり、ボートに乗ったり、私たちも子供たちと一緒になって
楽しみました。
川に入った時はちょっと寒かったけど、今日は暑かったので気持ちよかったです。

さて、明日はいよいよ私たちが企画したイベント当日です!!
ザリガニに触れてみましょう!
ぜひぜひ遊びに来てください!!
待っています。

2010/8/18 (水)

札幌市内のザリガニ調査

 カテゴリ:できごと 

8/17に今度博物館実習生が行うイベント「釣って知ろう!ザリガニ」のために
札幌市内のザリガニ調査をしてきました。

今回はニホンザリガニとアメリカザリガニの調査です。

まずはニホンザリガニの調査ポイントへ!

まだまだ市内にもこんな場所が残っているんですね!
これからもこういう場所は大事にしていきたいものです。

生息地としてはあまり広くはないですが、木でおおわれていて少しひんやりとしていました。

水温は15℃で、水に手をつけるとつめたかったです
目を凝らして見てみると・・・・

あった!ニホンザリガニの巣穴!
掘り出してみるとなかには5㎝ほどのニホンザリガニが!!
ブレちゃいました

他にも何匹か採れて、
メス3匹、オス1匹、稚ザリガニ3匹の合計7匹いました。

この場所は10年前とあまり変わっていなかったです。
これからもみんなでこういうニホンザリガニが
棲めるような環境を守っていきましょう!

次にアメリカザリガニの調査ポイントへ!!

前回来たときよりも水がすくなくなってました。

そのせいかここにはほとんどアメリカザリガニがいませんでした。

また、鳥の足跡もあったから、鳥に食べられちゃったかな?

調査していると、地元の中学生が

「なにやってるんですか?」

もちろんぼくたちは

「ザリガニの調査だよ!」

すると、その中学生は

「もっと採れる場所あるよ!」

なに!?そんな場所が!?

僕たちは小学生案内してもらいその地点へ・・・

そこで小学生に教えてもらいながら釣っていると・・・・

もうザリガニが採れる採れる!!こんなに採れましたよ!

また、別の場所で調査をしていると、地元のおばちゃんがザリガニを放しに来ていました。
そのザリガニはここで採れたものらしく、もう飼えなくなったので放しに来たそうです。

いくら、その場所で採れたからと言っても、アメリカザリガニは外来種です。
そもそも日本にいることが問題なんです。

外来種というのはほとんどが人間によって運び込まれたものです。
その多くはペットとして飼われていたものが

「もう飼えなくなった」

という理由で放されたものです。

たしかに、生き物を飼っていていろいろな事情があって飼えなくなることもあります。
しかし、かわいそうだからという理由でもともとその生き物がいなかった場所に放すというのは
決して良いことではありません。

そのようなことによって、日本本来の生態系が壊されていることはご存じでしょうか?

アメリカザリガニのような外来種を放すことは、放された生物にとっても、もともといた生物にとっても良くないんです。

みなさんも外来種を飼うときは十分気をつけてください。

2010/8/15 (日)

平岡にぎわいフェスタ♪

 カテゴリ:できごと 

8月14日に平岡にぎわいフェスタに学芸員実習の一環としてお手伝いに行ってきました!

 暑い中でも子供たちはビンゴなどのゲームや、川に入っての生き物探しなど元気いっぱいで活動しており、私も負けじと子供達にまざり、ヤゴやドジョウなどなどをとり、夢中で作業を行いました!
      
  ビンゴ大会の風景です!景品はえんぴつとファイルでした

     みんな夏休みのいい思い出になったかな~?
みんな夢中で採取してました
次回のブログ更新もどんどん私たち学芸員実習生から発信していきます!
                       皆さんお楽しみに!
 

2010/8/13 (金)

釣って知ろう!ザリガニ~札幌市内でも広がっている外来種アメリカザリガニについて~

 カテゴリ:できごと 

学芸員の実習生からお知らせです!!

8月22日(日)14時~15時
さけ科学館実習館にて、ザリガニ釣りを通して外来種について学んでみませんか?
最近札幌市内で見られるザリガニのほとんどはアメリカザリガニで
外来種なんです!!みなさん知っていましたか?

外来種の他にも在来種であるニホンザリガニにも会えるよ☆
これであなたもザリガニ博士になれるはず!!
ザリガニ釣り

これは私たちが企画したイベントです!!
みなさんに楽しんでもらえるようにがんばりますので、ぜひ遊びにきてください☆

また、14:20頃から絵本「星になった鮭」の作者楡木啓子さんによる
読み聞かせもあるのでお楽しみに。

2010/8/9 (月)

休日の採集ツアー

 カテゴリ:できごと 

休館日を利用して職員1名、ボランティア3名で札幌の山の方の沼に採集に行きました。
お目当てはゲンゴロウなど、大型の水生甲虫類です。

駐車場所に到着すると、水たまりにたくさんのチョウが吸水に来ていました。
アゲハの集団吸水

吸水するアゲハたち
ミヤマカラスアゲハに、キアゲハも少しいました。
今年はミヤマカラスアゲハが多いですね。

そこから徒歩約10分。目的地の小さな沼に着きました。
小さな沼

さっそく採集してみると、ヤゴはたくさん採れますが、お目当ての大型ゲンゴロウ類は、Mさんがゲットしたゲンゴロウモドキの終齢幼虫1頭のみでした。
成果の一部

それでも楽しい採集ツアーでした。

真駒内川水辺の楽校、何とか活動できました!

 カテゴリ:できごと 

さけ科学館が協力して実施する、真駒内川水辺の楽校の夏の活動。
その内容は、真駒内川での魚とりと川流れ体験です。

当日の深夜~早朝には激しい雷雨が降るなどして、川はふだんより水が増えていましたが、公園橋の下に会場を移して、何とか開催できました。
しっかり身に着けたかな?
まずは子どもたち全員、フローティングベストとヘルメットを着用。

さかな、いっぱいとるもん!
そしていよいよ魚とり。水の勢いが強めで濁りもあり、結構苦戦しましたが、たくさんで魚とりをすると、それなりに種類が揃いました。
ハナカジカ、フクドジョウ、ヤツメウナギの幼生、エゾウグイ、ヤマメ、スジエビ、ヘビトンボ幼虫、モンカゲロウ幼虫などがとれました。

ぷかりスイーッと。
お昼ご飯のあとは川流れ体験。いざというときに慌てないための経験が目的です。
朝より川の水が冷たくなっていましたが、楽しくて何回も流れる子がたくさんいました。

年に一度の夏の活動。
とにかく無事に楽しく開催できたのが何よりでした。

2010/8/7 (土)

特定外来生物を駆除!しませんか?

 カテゴリ:できごと 

タイトルだけ見ると、何だかすごいことをするようですが、実際にやることは草の刈り取り・抜き取りで、小学生でも参加できます。

ちょうど今、あちこちの道端などに咲いている黄色い花で、オオハンゴンソウという植物があります。
たくさん咲いていると「きれいな花だな」と思う人もいるでしょうが、実はこれ、外国から日本に入ってきて、定着してしまった帰化植物です。
もともと日本にある植物に特に大きな影響を与えるので、環境省が特定外来生物に指定しています。

オオハンゴンソウ

さけ科学館職員の所属する財団法人札幌市公園緑化協会では、8月29日に円山公園で、誰でもボランティアとして参加できる形でオオハンゴンソウの駆除作業をおこないます。
8月26日まで受け付けているので、ご興味のある方、お手伝いいただける方は、ぜひご参加ください。

詳しくはこちらのチラシ(PDF)をご覧ください。
https://www.sapporo-park.or.jp/pdf/ohangonsou-kujo.pdf

2010/8/3 (火)

夏休み親子サケ教室 無事に終了しました

 カテゴリ:できごと 

夏休み親子サケ教室が8月2日に札幌市中央卸売市場でおこなわれました。
身近なサケの流通について、北海道のサケが体に良いわけ、サケのいろいろな食べ方、そしてサケの工作と、とても盛りだくさんの内容で、参加者の皆さんに喜んでいただきました。

●市場の見学
 早朝におこなわれるせりは終わっていましたが、片づけをしている様子を見学しながら、市場の方に流れを説明してもらいました。
市場の見学

●サケの解剖
 料理の前に、まず北海道サーモン協会の木村代表がサケをさばきながら、体の特徴や部位の解説をしました。人間と同じところ、違うところを学びました。
 北海道産のサケは天然で体に良いので、たくさん食べましょう!
サケの解剖

●星澤幸子先生のサケ料理教室と昼食会
 テレビでおなじみの先生がサケ料理を3品紹介してくださり、みんなで作りました。お料理の作り方だけではなく、体に良いもの食べ、健康に育つことがなによりも大切であることを教わりました。
料理教室

教わったのは、鮭のカレーライス、鮭と長いものグラタン、鮭とほうれん草のサラダです。
お料理3品

●サケの置物づくり
 サケ型の発泡スチロールをカッターややすりを使ってきれいに削り、目やひれをつけて置物をつくりました。
サケの置物
 なかなか細かい作業で、時間内に終わらなかったので、仕上げは自宅でしてもらいました。
サケの置物づくり

2010/8/1 (日)

雨中の公開さかな調査

 カテゴリ:できごと 

琴似発寒川で「公開さかな調査」をおこないました。
今にも降り出しそうな雲行きで、風もだんだん強くなり、川は先日の雨で水が多く…と、あまりよい日和ではない中、それでもたくさんの方が参加してくれました。
さかなとりのせつめい
まずは川岸で魚のつかまえ方や道具の説明。
「こんなところで魚やエビがかんたんにとれるんだ…」と感心される方も結構いました。

そのうち雨が降ってきたので、とれた生き物を持って橋の下の第2会場へ避難。
いきもの解説&タッチプール
今度は生き物の解説。ウグイ、ヤマメ、シマウキゴリ、トウヨシノボリ、フクドジョウ、スジエビ、ヌマエビ、カワニナなどがいました。
そしてお待ちかねのタッチプール。
天気が悪くてちょっと残念でしたが、何とか楽しんでもらえたかな?

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.