2009/8/24 (月)

『かじさやか原画展』のご案内

 カテゴリ:できごと 

リンカちゃんの産みの親、漫画家かじさやかさんの原画展をさけ科学館で開催します。

「釣り新聞ほっかいどう」でおなじみの「太公さんちの休日」では、太公家のみなさんが時々さけ科学館に来てくれていますが、今回はリアルに!?来館してくれます。
9月23日のサケフェスタでは、絵はがきも販売します。

太公さん一家に会いに来てね!

かじさやか原画展
「太公さんちの休日」と「リンカちゃん」
9月12日(土)~9月30日(水)
共催 札幌市豊平川さけ科学館
   かじさやか事務所
後援 道新スポーツ・釣り新聞ほっかいどう

太公さんちの来館!

2009/8/14 (金)

サケの一生水墨画展

 カテゴリ:できごと 

NHK文化センターの教室で、サケの一生をテーマに水墨画を制作しました。

サケの一生がひとつながりになっています

今回、全20作品をひとつながりのまま、さけ科学館で展示します。
みなさんの力作を鑑賞できて、さらにサケの一生もよく分かります。
  期間:8月15日(土)~9月13日(日)
  場所:さけ科学館 本館 飼育展示室

「見に来てね!」

リンカ「みなさん、見に来てくださいね!」

全長9.5メートル!の絵

 カテゴリ:できごと 

えぇっ!9.5メートル!?
と言っても、みなさんで描いた絵を一連の台紙に貼ってあるものです。
ただ、絵の内容は連続しているので、切らずに展示したいのです。
さらに、そんなに長いものをどうやって支えるか?
考えて、作る。
…検討中 → 支持パーツ作り。

よーし、吊るよー!
おさえててね。
ちょうどボランティアの三浦さんが手伝ってくれて助かりました。
吊りまくり。
作品には何も貼らず、たくさんの釣り糸でつり下げました。

いいんじゃない?
できたぁ。
明日から展示期間ですが、ちょっと早めにスタートです。
(次の記事に続く)

2009/8/13 (木)

リンカちゃん@さけ科学館応援キャラクター

 カテゴリ:News 

さけ科学館の応援キャラクターとして、リンカちゃんがデビューしました。
リンカです!
これからさけ科学館のあちこちで活躍するので、みなさんよろしくお願いします。
いま、リンカちゃんは館内のここにいます。
ここに、いるよ。
リンカちゃん紹介リーフレットもここで配っています。
POPリンカちゃん
リンカちゃんの産みの親は、釣り新聞ほっかいどうにまんが「太公さんちの休日」を連載しているかじさやかさんです。さけ科学館とはご近所さんです。

もっと詳しく知りたい? では「リンカちゃん日記」も要チェック!です。

チェッポ君はいなくならないから、安心してね。

2009/8/9 (日)

似た花とハチの巣

 カテゴリ:できごと 

さけ科学館周辺の草むらで「チョン、ギィーッ」とキリギリスが鳴き始めました。
伸びてきた雑草の間には、白い花が目立ちます。
野良人参
これはノラニンジン。腰ぐらいの高さまで伸びているものもあります。

西洋鋸草
こっちはセイヨウノコギリソウ。ノラニンジンより背丈が低めで、全体に詰まった感じです。
どちらも外国から入ってきた帰化植物ですが、白い小さい花が集まっている姿は、一見するとよく似ています。
花も・・刈ります
草刈りをしたあとの地面で、ボランティアさんがハチの巣を見つけました。
地中の蜂巣
調べてみたら、ハイイロマルハナバチという種のようです。
(ニセ)ハイイロマルハナバチ?
ニセハイイロマルハナバチという似た種もいるようで、ちょっと自信ありません。
マルハナバチの仲間はめったに刺すことはないので、ひと安心です。

2009/8/8 (土)

楽校のお手伝い

 カテゴリ:できごと 

真駒内川水辺の楽校がっこうは、さけ科学館の横を流れる真駒内川を活動場所に、四季を通じて自然体験活動を実施している団体です。
きょうは夏の活動の川遊びのお手伝いをしました。
セオっちのおはなし
きょうの先生は「セオっち」こと妹尾優二さん。川遊び名人です。
みんなでとった魚を見ながら、色々な話をしてくれました。

午後はライフジャケットを付けて川流れ体験。
力を抜いて~
それ、行ってこーい!

いいきもちー
ぷかーん。

救助!
スタッフさんが下流でキャッチ。
とっても楽しくて、何度も流れました。

2009/8/4 (火)

公開しました!さかな調査

 カテゴリ:できごと,琴似発寒川 

8月2日の琴似発寒川での公開さかな調査、川はふだんよりも水が多めで少し濁っていましたが、今日は職員だけが川に入って魚をとるので大丈夫です。

まずは誰でも使っていい道具、たも網でのとり方を紹介。
たもでガシャガシャ
「ここ、いそうだぞ」と思った大きめの石や川岸の草があったら、下流に網をかまえます。
そして網は動かさず、足でガシャガシャと追い込むのがコツです。
ほら、網に入ったよ
「さっそくとれたよー」
次は、さけ科学館で許可を得て使っている道具、投網[とあみ]です。
とりゃっ
相当練習しないと、きれいに丸くは開きません。
たも網ではなかなかとれないヤマメやウグイが入りました。

最後に電気ショッカー。これは調査研究目的でないと使う許可がおりません。
びりびり
水中に電気を流して魚を一瞬気絶させ、ひっくり返っている間にたも網で素早くすくいます。
魚はすぐに泳ぎ出して、ダメージもほとんど残らないようです。

とれた魚を水そうに入れて観察。
じっくりかんさつ
けっこう色々な種類がいました。
「このさかなはですねー、」1種類ずつ解説します。

そして、子どもたちお楽しみのタッチプール。
やさしくさわってね
最後はみんな元気に川に返すことができました。

2009/8/2 (日)

外来生物トノサマガエル展

 カテゴリ:News,できごと 

トノサマガエル展
「外来生物トノサマガエル展」が始まりました。札幌市内の平岡公園で近年増加するトノサマガエルの現状を紹介するポスター展です。
子供向けもあるよ
トノサマガエルや北海道の外来種のカエルについて、楽しく学べる子供向けポスターも充実しています。是非見に来てね!
8月1日~20日までの開催です。

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.