2009/4/30 (木)

チェリーブラッサム♪と梅

 カテゴリ:できごと 

先日、さけ科学館と砥山ふれあい果樹園の両方でボランティアをしている櫻井さんから、サクランボと梅の剪定枝をいただきました。
日当たりいい所
さっそく花瓶に生けて、展示ホールの窓際に置いておいたところ、野外よりほんの少し早く開花しました。
サクランボの花♪
こちらはサクランボ。
うめめ
こちらは梅です。
ゴールデンウィーク期間中は花を楽しめそうです。

2009/4/28 (火)

カエルとサンショウウオの卵展示始まる

 カテゴリ:できごと 

エゾアカガエルとエゾサンショウウオの卵展

「エゾアカガエルとエゾサンショウウオの卵展」始まりました。
4月28日(火)~5月6日(振休) 会場:さけ科学館展示ホール

エゾアカガエルの卵

黒い水玉模様の山はエゾアカガエルの卵。

エゾサンショウウオの卵

黒水玉模様が巻き巻き状のホースの中に包まれているのが、エゾサンショウウオの卵。ゴールデンウィーク中、ずっと展示しています。近くでは、「カエルのお絵かき作品展」も開催中。是非ホンモノの卵に会いにきてね!

2009/4/25 (土)

さんちゃんの水たまりにて

 カテゴリ:できごと 

ここ何年か、この時期になると見に行く水たまりがあります。
エゾサンショウウオが産卵する場所です。
そこは沢の途中、林道の下を管がくぐっていて、その上流側が一部止水になっているようなところです。

さんちゃんの卵
例年30個前後の卵塊が確認できます。

2007年
写真はおととしの今頃です。

2008年
去年のこの時期は、かなり水位が下がっていました。
さらに10月に見に行った時には、すぐ横を通る道が拡幅されてました。

今年はどうかな…と心配して、きょう見に行ったら…
きょうの水たまり
水場の面積は例年より小さいけど、何とか水がたまっていました。水の中は…
卵が集中
ありました。携帯写真で見づらいですが、巨大なカタマリになってます。
10~20個体分ほどあるでしょうか?

どうやら卵をからめて固定する枝が水中にひとつしかなく、そこにみなさん集中したようです。
来年は産卵時期の前に枝を沈めてやるといいかも。
エゾアカガエルの卵も少しありました。

ちょっと安心しましたが、このあとうまく育ってくれるかも気になります。
今年は公私とも、この近くに行く用事がありそうなので、時々立ち寄って様子を見たいと思います。

南区スタンプラリー始まる。

 カテゴリ:News 

今日から南区の14施設を巡るスタンプラリーが始まります。
正式名称は「シーニックバイウェイスタンプラリーin南区」ふぅっ。長めです。
期間も長め、10月31日までやってます。さけ科学館もスタンプポイントです。
展示ホールに入ってすぐ、売店の正面にスタンプコーナーがあります。
スタンプコーナー
スタンプを8個以上集めて応募すると、温泉入浴券や旬の果物、そして南沢蜂蜜が当たるチャンス!
ガイドシートとスタンプ用紙は、北海道新聞に折り込まれて札幌市内に戸配されるほか、さけ科学館などスタンプポイント施設でも入手できます。
「キミもスタンプの魚鬼になれ!」
みなさんのご参加をお待ちしています。
 実施:札幌南シーニックバイウェイ

2009/4/18 (土)

力作揃いのカエルの絵

 カテゴリ:できごと 

4月11日の土曜体験「カエルのお絵かきをしよう!」に来てくれたみなさんに、本物のカエルを見ながら絵を描いてもらいました。そのうち「出していいよ」と言ってくれた34点を、本館展示ホールで5月10日(日)まで展示します。
かえる蛙カエル
かわいいカエル、迫力あるカエル、リアルなカエル、妙なカエル、いろんなカエルに会いに来てください。

2009/4/14 (火)

ホゥちゃん2世

 カテゴリ:できごと 

おととし・昨年と2年連続でゴールデンウィークに展示し、大好評だった
『水たまりの妖精 ホゥちゃん』。
ホゥちゃん展示
ホゥちゃんはさけ科学館で勝手に付けたニックネームですが、ホントの名前はキタホウネンエビです。
寿命はせいぜい1ヶ月ほどと短く、卵を持った連休明けには、次第に姿が見えなくなりました。

ひょっとすると来年、卵から生まれるかも…と思い、土や落葉の入ったまま、飼育容器を管理してきました。
と言ってもかなりずさんですが…

春になり、容器を屋外に出して水を張り、6日後…
たくさんのミジンコの中に、動きの違う生物が!
じっくり観察してみると、
これは…
これは、ひょっとすると…
ひょっとすると…
何だかUFO写真みたい。よく分からないですね。
やっぱりホゥちゃん!
おぉ!やっぱりホゥちゃんです!
多分無理だと思っていたので、うれしいですねぇ。
生まれてくれてありがとう、ホゥちゃん。

まだ体長2mmぐらいで、見つけるのはすごく大変です。
数やサイズが展示できるぐらいになれば、みなさんにもお見せしたいと思います。

ホゥちゃんの記事一覧

2009/4/11 (土)

鳥たちがいっぱい

 カテゴリ:できごと 

今日の土曜体験には、3人のボランティアさんがお手伝いに来てくれました。
ボランティアの木幡さんが、今日一日館の敷地で何種類かの鳥を見つけて、写真を撮って見せてくれました。

ベニヒワ
ベニヒワ

アトリ メス
アトリのメス

アトリ オス
アトリのオス

マヒワ
マヒワ

キクイタダキ
キクイタダキ

カケス
カケス

写真の他にも、ヒガラやシジュウカラも鳴いていました。あたたかくなってきましたね~
 

2009/4/3 (金)

イスカ発見!

 カテゴリ:できごと 

さけ科学館ボランティアの木幡さんから、鳥情報を頂きました!以下、木幡さんの写真とコメントつきでご覧ください。

さけ館イスカ

「さけ科学館そばの針葉樹にイスカがやってきました。ひょろ長い松ぼっくりにしがみついて、実を食べています。

イスカ♂

こちらは、豊平川の河川敷にやってきた、イスカのオスです。20羽程度の群れでやってきて、松ぼっくりを食べるのに夢中でした。

イスカ♀

イスカのメス。松ぼっくりが小さいので、枝から引きちぎり、食べやすいところに持っていって、燐片をパキパキ割り、中の実を食べていました。」

イカツイくちばしと、鮮やかな体色がクールなやつらですね~。
 

粒エサ、はじめました。

 カテゴリ:News 

半年ぶりの粒エサ販売再開です。
かってね。
イトウのエサはド迫力!ですが、こっちのエサは長~く楽しめるのが人気です。
今年は当たり付きにしました。もういっこもらえます。

2009/4/1 (水)

ボランティア・プライベートワーク展2009

 カテゴリ:できごと 

さけ科学館のボランティアさん各自がテーマを決めて出展する「プライベートワーク展」が出揃いました。
展示2
・鳥居亮一(愛知県)
  愛知県西三河地域の自然 油ヶ淵周辺の水辺の生き物たち
・角田武、小原聡(カムルチー研究会)
  道央圏におけるカムルチーの生息状況の研究
・藤田宏之(埼玉県立川の博物館)
  埼玉県北部で分布拡大するヌマガエル
・Nariko(ペンネーム・札幌市)
  サケの皮で、なんか作ろう!
・山真雅之(札幌市)
  釣り人から見た今の北海道の渓 ~声なき渓魚達の悲鳴~
・木幡幸雄(札幌市)
  豊平川の生き物 ※DVDによるスライドショー上映
展示1
DVDとポスター展示以外に、ジャンボタニシを水槽展示しています。
また、Narikoさんの提案で職員が作ったサケ皮小物もあります。
場所:さけ科学館展示ホール
展示期間:2009年3月28日(土)~5月10日(日)
主催:さけ科学館ボランティアの会 協力:札幌市豊平川さけ科学館
見に来てくださいねっ!

次ページへ »

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.