2008/6/28 (土)

続、ホオジロ激写

 カテゴリ:できごと 

先日の鏡が好きなホオジロ、ボランティアの木幡さんがきれいな写真を撮ってくれました。
ho1.jpg
にらめっこ。

ho2.jpg
足げり。

ho3.jpg
車内から至近距離で激写。

自分のなわばりに入ってきた他のオスを激しく追い払おうとしている、ような気がします。

2008/6/27 (金)

コチドリの子育て

 カテゴリ:できごと,豊平川 

今年も豊平川の中州にコチドリがやってきました。
今年は二つのつがいが子育てしています。
温め中
一つはまだ卵を温めている最中ですが、もう一つは無事孵化し、
4羽のチビッコが走り回っています。
走るチビッコ

親子
さけ科学館ボランティア 木幡

2008/6/26 (木)

豊平川産オショロコマの展示

 カテゴリ:News 

先日豊平川の最上流部からつかまえてきたオショロコマの水槽展示を始めました。
生まれも育ちも豊平川
今年泳ぎ始めた0歳は体長3cmほどです。川にいた8cmほどの魚は1歳だと思います。
展示個体は体長14cm前後なので、年齢は2歳以上ですが、正確にはわかりません。
川ごとに外見の異なるオショロコマ、とても珍しい豊平川産をぜひごらんください。

2008/6/25 (水)

鏡が好きッ!

 カテゴリ:できごと 

真駒内周辺で野鳥を撮影している川上さんに「おもしろい鳥がいるよ」と教えてもらいました。
さけ科学館の近くだったので、さっそく行ってみると・・
いました。ホオジロのオスが車のドアミラーに留まってます。
ちょこん。
次の瞬間、ミラーをのぞき込むようにバタバタと羽ばたきました。
かがみぃ。
ミラーに映る姿に突撃しているようにも見えます。
もう夢中でやってる感じで、小さなデジカメでも何とか撮影できました。

川上さんの話によると、この付近に車が止まってると、延々とやってるそうです。
鏡に映った自分の姿にうっとりしているのか、それともライバル?に戦いを挑んでいるのか・・
それにしてもこのホオジロ、変わっトリますねぇ。

さけ科学館周辺の野鳥
川上さん提供の野鳥写真、展示ホールで公開中です。ぜひごらんください。

2008/6/24 (火)

豊平川のオショロコマ

 カテゴリ:できごと,豊平川 

先日、豊平川の最上流部にいるオショロコマの調査に行ってきました。
悪路の果てにようやくたどり着くと、そこは夏でもひんやりと涼しい渓流。水温は10℃しかありません。
ひんやり。
さっそくこの春生まれのチビッコ捜索。チビ君達は川岸近くの流れがゆるい場所にいました。
めっけ。
石の間に、こんな感じでいます。小さい金魚網でそっとすくいました。
ゲット。
体長は3cm足らず。金色に光る体がとてもきれいです。今年も順調に泳ぎ出しているようです。
チビ君。
次は親世代を投網でつかまえました。
投網。
この場所のオショロコマは成長してもあまり大きくならず、20cmを超えるものは見つかっていません。
おとな。
今回の平均体長は13.5cm。斑紋が細かく、地味な体色がこの川のオショロコマの特徴です。
さけ科学館で繁殖・展示するため一部を持ち帰り、あとは放流しました。

超高密度な水たまりで

 カテゴリ:できごと 

オショロコマ調査の帰り際、林道脇にあった水たまりを調べてみました。
はらっぱ?
ぱっと見は、ただの原っぱ。
水、ありました。
でも行ってみると、ちゃんと水があります。
オタマタマタマ・・・
網を1回入れただけで、こんなに捕れました。
ほとんどがエゾアカガエルのオタマジャクシで、エゾサンショウウオの幼生も混じってます。
頭でかっ。
エゾアカオタマは、ふつうの形じゃなく、頭でっかちになってます。
これはサンショウウオ幼生が一緒にいる場所だと、食べられないように形を変えるそうです。
こっちも頭でかっ。
それでも食べてやろうと、なんとサンちゃんも頭でっかちになってます。
デカ頭の攻防、山中の小さな水たまりで静かな火花が散ってました。

2008/6/22 (日)

スイレンとメダカの展示

 カテゴリ:できごと 

玄関横の花壇で、スイレンとメダカの展示を始めました。
ミニビオトープ風
水をためるのに、プラ舟(ふね)という四角い広めの容器を使っています。さけ科学館で採卵をするときの親ザケ入れに使っている容器です。
咲き始めました
ちょうどきれいな花が咲き始め、夏の間は次々と咲き続けそうです。いろんな虫も花の蜜を求めて飛んできてます。
メダカたちもスイレンの葉の間から顔をのぞかせてくれます。
そのうちトンボが産卵に来て、ヤゴも住人になることでしょう。

2008/6/18 (水)

砂にかくれるさかなとあそびました。

 カテゴリ:できごと 

毎月1回、いきものにさわるタッチプールを行っている土曜体験。今月は6/14に「砂にかくれるさかなとあそぼう!」をおこないました。

さかなはどこかな?

砂にかくれている、カレイやヤツメウナギのこどもを探してさわります。見つけてもすぐにかくれるさかなたちを追いかけて、参加した子供たちは、たっぷり遊んでいってくれました。今月も、1時間以上?参加した子供たちもいて、最後には、さかなの嫌がらないさわりかたや種類を他の子に教えることができる、プチ博士になっていました。
 

2008/6/15 (日)

みんなのアイドル!?ゲンちゃん登場!

 カテゴリ:できごと 

 「ゲンゴロウモドキ」の展示を始めました!

ゲンゴロウモドキ! 

 姿・形は「ゲンゴロウ」に似てるのですが、「ゲンゴロウ」よりは少し小さいです。

 その「ゲンゴロウモドキ」が卵を産みました。大きさは約7㎜ぐらいで細長い卵です。まだ、展示はしていませんが頑張って育ててみたいと思います。

ゲンゴロウモドキの卵!

 「なんだ~、モドキか~」と思わないで、是非見に来て下さいね!

2008/6/10 (火)

真駒内川のヤマメ

 カテゴリ:その他の川,できごと 

6月に入ってヤマメ釣りが解禁になり、さけ科学館横の川でも釣りを楽しむ人の姿が増えてきました。
ボランティアの山真さんが、さっき真駒内川で釣ったヤマメの写真を見せてくれました。
真駒内川のヤマメ
少し銀色がかっていますが、きれいなヤマメです。
やっぱり飼育魚は、天然魚の健康的な美しさにはかないませんね。
このヤマメは撮影後に放したとのこと。
山真さんからひと言「小さいのは逃がしてあげましょう!大きくなって帰って来ますから。」

次ページへ »

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.