2007/10/31 (水)

シカとの遭遇 ─ 10月31日 ・ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

明日から天気が悪そうな予報なので、今日は急きょ豊平川のサケ産卵状況を調べてきました。
川を歩いて産卵場所を確認しながら、ホッチャレも拾って記録していきます。
ホッチャレ、拾ったどー!
秋が深まってくると、ウロコがはげた黄色いホッチャレ(通称イエローサーモン)が目立ってきます。
黄色いサケ
調査もあと少しで終わりというとき、川のまん中を歩いていると、岸の草むらでガサガサと大きな音が・・
「釣り人かな?」と見ると、なんとシカが出てきました。大きな角を持ったオスです。
シカ登場!
シカはこちらから逃げるように豊平橋の下まで行きましたが、その先にも川で作業中の人が・・
おのぼりさん。
またこっちに走ってきて草むらに消えました。
駆け抜ける野生。
河川敷には多くの人がいたので、危ないかもと携帯で110番通報しました。
このあと、このシカが市街地に出て大騒ぎになったそうです。

シカはもう見られないと思いますが、豊平川のサケ観察ポイントも今年はあいかわらず少ないです。
・東橋の上から上流側の川の中を見ると、右岸側に卵を守るメスが3尾いました。
・5号床止でジャンプするサケがいたのと、そのちょっと下流、川底に張った産卵防止の網が終わるあたりで産卵しています。
 (ただし5号床止は11月から工事が入ります)
※人が近くまで行けない場所で、サケが集まって産卵している場所はいくつかあるのですが・・

【本日までの確認数】
 産卵床:409ヶ所 ・ 調査親魚:156尾(うち標識魚32) ・ 推定遡上:約830尾

続報!黄金のサケの味について ─ 10月31日

 カテゴリ:サケ情報 

増毛町の知り合いの漁師さんから、黄金のサケの味について連絡がありました(^-^)
黄金のサケは♀でした!
味については・・身の色は白く、卵も小さく、美味しくなかったと・・
少し残念な気持ちです・・(-_-)

八軒西小学校サーモン・ウォッチング! ─ 10月31日・琴似発寒川

 カテゴリ:琴似発寒川 

今日は、八軒西小学校サーモンウォッチングを行いました。場所はいつものところ!農試公園橋下流で行いました。前回の観察会の時と変わらず、たくさんのサケたちを観察することができました!

たくさんさけがいますよ!
(赤まるで囲ったところに約50尾ほどのサケたちが泳いでました!)

サケを近くで観察する前に、サケについて色々お勉強しました。

熱心にお勉強する八軒西小のみなさん!

今日は、とてもきれいな♂のサケを見ることができました!

かっこいい!♂のサケ!(71㎝・満3歳)

2007/10/28 (日)

サケ観察会&川歩き調査 ─ 10月28日 ・ 琴似発寒川

 カテゴリ:琴似発寒川 

このところ、毎日川に繰り出しているさけ科学館。サケのシーズンですもんね。
今日は、琴似発寒川の農試公園橋下流で、「サケ観察会」を行なってきました。

sh01.jpg

今回のポイントは、今が一番サケの見やすいピークに入っています。写真の範囲のサケを、数えられるだけ数えてみると、21匹は確認できます。川を一通り見渡してみて、40~50匹はいるでしょうか。

sh02.jpg

さっそく、みなさんとサケのお話をしながら観察しました。お天気もよい、絶好の観察日和だったので、階段護岸に座って和やかにサケたちを見守りました。

sh04.jpg

もちろん、最後にはサケを捕って、調査も行い、ついでに”おさわり”もして終了です。2時間の時間中3回の説明を行なって、100人近くの方と、観察を共にできました。ご参加下さり、ありがとうございました。

sh03.jpg

今日は、その後、午後から琴似発寒川の川歩き調査も行なってきました。写真は、JR鉄橋下の寒月橋の上から、下流側をのぞいてみた様子です。15匹ほどが泳いでいるのが見えました。前回の川歩きより、産卵床(卵を産んだ場所)がぐっと増え、今日だけでも69ヶ所を確認しました。

【本日までの確認数】
 産卵床:148ヶ所 ・ 調査親魚:59尾

2007/10/27 (土)

「イオンチアーズクラブ 鮭ウォッチング」 ─ 10月27日 ・ 琴似発寒川

 カテゴリ:琴似発寒川 

今日は、「イオンチアーズクラブ 鮭ウォッチング」のお手伝いをしてきました。天気も良く観察にはとても良い日でした。

寒月橋付近

寒月橋下流では、約30尾ほどのサケを見ることができました。

たくましく泳ぐサケ!

♀2尾・♂3尾を捕まえて観察しました。みなさん熱心にサケについて学びました!

サケについて学びました!

鮭ウォッチングのあとは、さけ科学館で採卵実習をしました。さらに詳しくサケについて学びました!

採卵実習

2007/10/26 (金)

東白石小学校、サケ遡上観察会 ─ 10月26日 ・ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

今日は、東白石小学校の「サケ遡上観察会」を行いました。最近の雨のため水量が増えていてサケを観察できるか不安でしたが、増水がおさまり暖かく、観察会にはとても良い日になりました。場所は東橋上流付近で、サケ追跡調査を行っている北大院生さんがお手伝いをしてくれました。

東橋上流、赤色で囲った部分にサケがいました!

網を引きました

産卵した場所、サケの♂♀の違いなど、たくさんお勉強しました(^-^)

熱心にお勉強中!

捕まえたサケの中に、「訳あり」のサケがいました。体にピンク色の何かが付いている?このサケは、北大院生さんが追跡調査のためにつけているセンサー付きのサケでした。センサーから電波をだしていて、どこにサケがいるかが分かります。せっかくなので、北大院生さんに説明してもらいました(^0^)

センサー付きのサケ

2007/10/24 (水)

黄金のサケ!

 カテゴリ:サケ情報 

増毛町の知り合いの漁師さんから「黄金のサケが捕れた!」と連絡があったので紹介します。

黄金のサケ!

数万分の一の確率で起こる突然変異(アルビノ)と思われます。このようなサケの色は、自然界では目立つため、魚を餌とする色々な生き物に見つかりやすく、生き残る確率は他のサケよりもずっと少ないと考えられます。
知り合いの漁師さんに大きさを聞いたところ体重は3kgで、普段捕れるサケと変わらないと言ってました。(本当は体長を聞いたのですが、漁師さんは重さしか量りません・・)画像よりも実物の方が、黄色がもっと濃かったそうです。
その後、「黄金のサケ」は食べたそうですが、味覚については連絡待ちです(^-^;

半切れヒレ ─ 10月24日 ・ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

きょうは北大院生のサケ行動調査のお手伝いをしました。彼らには、サーモン・ウォッチングやきのうのNHK生中継の時にも網引きを手伝ってもらい、大いに助かっています。その分のお返しです。

その前に、豊平川のサケ観察場所をチェック。
東橋の上から上流側を見ると、1ヶ所だけ産卵床があり、サケが3尾付いていました(写真赤丸部分)。
東橋上流側から見えたサケ
今年は見やすい場所にサケがいないため、これでも貴重です。
あとは、下流に向かって右側の岸、平和大橋の上流側の細い流れに5尾いました。これ以外に観察しやすい場所は、なかなかないです。

さて、先週センサーを付けて放流したサケの回収にチャレンジ。まずはサケがたくさん集まっているポイントで産卵しているらしいメスを狙いました。
網を引いて10尾ほどのサケが入りましたが、増水のせいで逃がしたサケも多く、残念ながらセンサー付きのサケは入りませんでした。水が引かないと回収は難しそうです。
その代わり、あぶらびれが半分切れたサケが捕れました。
半切れあぶらびれ
ちなみに通常のあぶらびれは↓こんな形↓です。
ふつうのあぶらびれ
稚魚のあぶらびれは非常に小さいので、切り損なうとこうなります。これも標識魚として判断しました。
さて、きのう捕獲してセンサーを付けたサケを新たに5尾、豊平川に放流。
サケに付けられたセンサー
川の中でどう動くか、楽しみです。

2007/10/23 (火)

川から生中継 ─ 10月23日 ・ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

きょうは、NHKさんからの依頼で豊平川から生中継しました。
朝7:30からの放送で、現地集合は5:45です。ね、ねむい・・
おかげできれいな朝焼けを見ることができました。
朝焼け
場所はJR鉄橋の下流側です。胴長なしで近付くのは難しい場所ですが、いま一番サケが集まって産卵しています。
中継場所(鉄橋下流)
ここで本番中に網を引いてサケを捕まえ、見てもらうという段取りでしたが、川はかなりの増水で厳しい状況です。
そこで、本番前にサケを捕まえておき、それを見てもらうことになりました。
中継の準備中
色々と段取り通りにはいきませんでしたが、何とか無事にローカル&全国の中継を終えることができました。
ちなみに肝心の内容は、さけますセンターと共同で実施している標識放流調査についてでした。

【本日までの確認数】
 調査親魚:124尾(うち標識魚27)

2007/10/21 (日)

サーモン・ウォッチング─ 10月21日 ・ 星置川

 カテゴリ:星置川 

川にサケを見に行く実習「サーモン・ウォッチング」を星置川で行なってきました。予め申込してもらった参加者を連れて行なう、毎年恒例の実習です。今年はあいにくの雨でしたが、水の中のサケたちはそんなことお構いなし!星流橋の上から下流を見ると、サケたちがうじゃうじゃでした。

ho02.jpg

写真は少し見えづらいですが、赤マルのサケは穴を掘り、青マルのサケは自分が卵を産んだ場所を守っています。そして、緑マルの中には、8尾ほどはいたでしょうか。その中に含まれるサケのメスをめぐって、オスたちがケンカを繰り返していて、そのたびに水がバシャバシャと跳ねます!

ho01.jpg

サケを脅かさないように、みんなでそーっと川岸に下りてみました。夢中でケンカを繰り返すサケたちは、やっぱり「そんなの関係ない?」 網でサケの捕獲を試みると、一度で5匹のサケがかかり、みんなでさわったり、オスメス当てをして、放してあげました。雨の中でも、楽しそうに参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

当日参加した方から、実習の写真を頂きました。(10/24追記)
参加した方からの目線が伺えますね!

aoao01.jpg

みなさんがサケをさわっている後ろで泳いでいるサケの姿も写して下さっています。背びれがみえます。お写真ありがとうございました。

aoao02.jpg

今日観察した場所
星流橋の橋の上から下流(15匹ほどが産卵行動しているのが見えます)
JRの鉄橋の下流(こちらでも、15匹ほどのサケたちがバッチリ見えました)

【本日までの確認数】
 産卵床:34ヶ所 ・ 調査親魚:10尾

次ページへ »

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.