2007/9/30 (日)

サクラマスの当たり年? ─ 9月30日 ・ 真駒内川

 カテゴリ:その他の川 

この「札幌サケ情報blog.」、今のところサケがサクラマスに押され気味です。今年は遡上数が多いなあと感じていましたが、きょう真駒内川を通して歩いてみて、実際に多いことがわかりました。
まだきちんと集計していませんが、石山の魚止えん堤からさけ科学館までの約4km区間で、見かけたサクラマスは死体も含めて60以上、実数はもっといたでしょう。産卵床(さんらんしょう・メス1尾が産卵した場所)も軽く100ヶ所オーバーでした。
10年以上前から毎年実施しているこの調査で、過去最多になるのは間違いなさそうです。

片眼の見えないサクラマス・メス
産卵場所を守っていたメス、なぜか逃げないのでそっと近寄ってみると、こちら側の目が傷ついて見えないようです。なかなかないチャンスなので水中撮影してみました。

ホッチャレサクラマス・オス
まだ死体は少なかったですが、1週間後にはかなり増えそうです。このオスは一生の最後に思いを遂げられたのでしょうか。

サクラマスの姿は10月上旬まで見られ、その後サケに主役を譲って消えていきます。

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.