2007/12/26 (水)

川歩き!+標識魚調査 ─ 12月26日 ・ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

雪景色の豊平川ですが、湧き水が多く、流れのゆるやかなところで、まだサケが産卵していました。1ヶ所に20尾近くが集まって産卵している場所が数カ所あり、全体で100尾ほどのサケを川で見ることができました。
ゆるやかな流れで産卵するサケ(赤い矢印)
  ゆるやかな流れで産卵するサケ(赤い矢印)

前回と同じように、5号床止から環状北大橋まで歩きながら川を下り、サケが産卵している場所(産卵床)の確認しました。この日は71ヶ所の産卵床が確認できました。
1226tmaiiee.jpg
  産卵した場所を探しています

また、ホッチャレ(産卵後死んだサケ)を集め、放流魚か自然産卵魚かの確認をおこないました。この日は33尾を調べ、そのうち25尾が自然産卵魚でした。
1226tmaee.jpg
  ホッチャレの計測中(笑顔ですが気温はマイナスです!)

冬の河川敷は利用者が減るためか、橋や護岸、床止の工事があちらこちらで行なわれていました。
調査日はクリスマスの翌日でしたが、水道橋のサンタクロースが和ませてくれました。
1226tmaaeiyuyoy.jpg
  水道橋のサンタクロース

【本日までの確認数】
 産卵床:683ヶ所 ・ 調査親魚:249尾(うち64標識魚) ・ 推定遡上:約1300尾

2007/12/20 (木)

まだまだ川は大盛況! ─ 12月20日 ・ 琴似発寒川

 カテゴリ:琴似発寒川 

川歩き!(産卵床調査)をしてきました。そろそろ、サケの数も少なくなると思っていたのですが、まだまだたくさんのサケたちが元気に泳いでました!
農試公園橋下流では、約40尾ほどのサケたちを見ることができました。産卵を終えたサケたちがほとんどでしたが、これから産卵すると思われるサケも数尾ほどいました。

農試公園橋上から下流を見てます!赤矢印付近にたくさんのサケたちがいました!

川を歩いていてカモを見つけました。見ていると、その場所から離れようとせず川底を見つめていました。その後ろではサケのつがいが泳いでました。「何をしているのだろう?」と思い、しばらく観察してみました。

川底を見つめるカモと、その後ろで泳いでいるサケ。

しばらく観察していると川底めがけて潜り、何かを食べているように見えました。「ひょっとしたらサケの卵を食べてるのかな?」と思いました。そこには、後ろで泳いでいたサケの産卵床があり、おそらく卵を産んでまだ砂利をかけて埋め戻していない状態の時に、カモが来てしまったのかな?と思いました。その後、サケが産卵床に向かってバシャバシャと泳ぎだし、びっくりしてカモは逃げていきました。

川底で何か食べているカモ。その後ろで泳ぐサケのつがい。

川は雪が積もり足元が滑りやすくとても危ないです!また、橋の下を通るときは「つらら」に気をつけてください!日中、暖かくなると落ちやすくなります!観察するときは十分に気をつけてください!

つらら!

【本日までの確認数】
 産卵床:391ヶ所 ・ 調査親魚:65尾

2007/12/11 (火)

川歩き!+標識魚調査─ 12月11日 ・ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

今回は調査の延期もなく、無事に川歩き(産卵床調査)と標識魚調査をしてきました。
寒さも厳しくなってきましたが、サケたちはたくましく泳いでいました!平和大橋付近の右岸(下流を向いて右側の岸)側の流れで、橋の直下前後50mの範囲で約10尾ほどのサケを見ることができました。産卵を終えたサケがほとんどで、今週末まで観察できるか難しい状態です。

平和大橋右岸側を上流側から見てます!

上白石橋下流では20~30尾のサケを見ることができましたが・・残念ながら観察には適さない場所でした・・

上白石橋を下流側から見てます!赤円の範囲にサケがいました!

今年もそろそろ終わりですが、サケたちは頑張って産卵行動していました!

たくましいサケたち!

【本日までの確認数】
 産卵床:612ヶ所 ・ 調査親魚:216尾(うち56標識魚) ・ 推定遡上:約1220尾

2007/11/28 (水)

川の中は大盛況! ─ 11月28日 ・ 琴似発寒川

 カテゴリ:琴似発寒川 

琴似発寒川も久しぶりの調査となりました。例年ならこの時期から次第にサケが減ってきます。
しかし、2日前の休館日にちょっと見に行ったら、かなりたくさんいそうな気配でした。
今回は産卵場所とホッチャレ(死んだサケ)のカウントのほかに、生きているサケもなるべく重複しないよう数えてみました。すると、白くなった傷だらけから黒くてきれいなのぼりたてまで、いるわいるわ、なんと236尾のサケががんばっていました。
ほかにホッチャレが127尾、産卵床が217ヶ所と、ここ数年で見たことのない濃さです。

農試公園橋下流の観察ポイント
特に多かったのが農試公園橋の下流一帯。写真の範囲に約150尾いました。

産卵場所のサケたち
白くなったサケはこのように見つけやすいですが、写真に写らないきれいなサケも結構いました。

カラスのお食事
ホッチャレもあちこちにあり、カラスやカモメがごちそうにありついていました。
寒いので観察の人もまばらですが、まだしばらく楽しめそうです。

【本日までの確認数】
 産卵床:365ヶ所 ・ 調査親魚:428尾(今回の目視確認個体を含む)

2007/11/27 (火)

川歩き!+標識魚調査 ─ 11月27日 ・ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

産卵床調査と標識魚調査(アブラビレの有無)をしてきました!今月は、調査予定日になると天気が悪く、また、晴れていても増水のため川に入れない日が続き、調査が延期になる事が多い11月でした。
今シーズンは、観察しやすい場所にサケがいない事が多かったのですが、平和大橋付近で観察できるようになりました!場所は、平和大橋付近の右岸(下流を向いて右側の岸)側の流れで、橋の直下前後50mの範囲です。土手の上から目視で約20尾ほどのサケを見る事ができました。

平和大橋付近観察ポイント!下流から平和大橋を見てます

今シーズンも、そろそろサケ遡上が終わり近くなってきましたが、寒い中たくましくサケたちが泳いでました!

寒い中たくましく泳ぐサケたち!

今日の標識魚調査では、死体魚27尾中14尾がアブラビレなしの標識魚でした。
本日はとても寒い中の調査でした(^-^;

震えながら調査しました・・

【本日までの確認数】
 産卵床:536ヶ所 ・ 調査親魚:183尾(うち標識魚46) ・ 推定遡上:約1070尾

2007/11/7 (水)

カワアイサのお食事 ─ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

サケとは関係ありませんが、豊平川で野鳥の観察・撮影をしているさけ科学館ボランティアの木幡さんから、またまた楽しい写真をいただいたので紹介します。
カワアイサがヌマガレイを食べている写真です(10月28日撮影)。

パクリ。
  ヌマガレイを咥えてウロウロしているところ
  この時点で既に飲みこめずに5分ぐらいたってました。

ゴクッ。
  飲みこもうとするんだけど・・・

アガガ。
  飲みこめずにちょっと休憩
  ちなみに平べったい魚でもちゃんと頭から食べるんですね。

ヤベッ。
  他のカワアイサに見つかって逃げる。

ええいっ、ゴックン。
  追いかけられて切羽詰ったのか一気に飲みこみました。

ンムギュ。
  苦しいのか今にも吐き出しそうな顔。
  だけど吐き出さずに飲みこめたみたいです。

「前に見たときは何度も吐き出していたけど、ほかにカワアイサがいたせいか、1回で飲みこんでいました。
ただ、捕まえてから飲み込むまで、約10分ぐらいたってました。」

2007/11/4 (日)

琴似発寒川サケ観察会 ─ 11月4日

 カテゴリ:琴似発寒川 

今シーズン最後の「琴似発寒川サケ観察会」を行いました。本日は天気も良く、たくさんのご参加ありがとうございましたm(__)m
農試公園橋下流側では、約50尾ほどのサケを見ることができました。

みなさん、熱心にサケについてお勉強しました(^-^)

♂かな?♀かな?

投網でサケを捕まえるのですが、逃げる方向・水の流れを考えながら、投網を投げる場所を一瞬で決めます。(時間をかけて考えていたら逃げられてしまいます)

一瞬で決断!迷いなし!

今シーズンの「琴似発寒川サケ観察会」は終了しましたが、11月中は農試公園橋下流でサケを観察することができます。暖かい服装でサケたちを見に来て下さいね!

川歩き! 11月4日 ・ 星置川

 カテゴリ:星置川 

星置川(JR堰堤~清流橋下流100m)の産卵床調査(川歩き!)をしてきました。今日は晴れていましたが、ここ数日の雨で川の水量は増えていました。
JR堰堤下では、約5尾ほどのサケを見ることができました。古い個体がほとんどでしたが、きれいな♂のサケを1尾見ることができました。

JR堰堤、たくましく泳ぐホッチャレのサケ!

産卵床を調べる時は、川の地図を片手に持って、産卵場所を地図に記入していきます。

産卵した場所をチェックする職員

清流橋の上(下流側)からのぞきこむと、7尾のサケを見ることができました。その下流にある階段護岸の前でもサケを3尾見ることができました。

見やすいけど近くに行くと逃げちゃいます!

【本日までの確認数】
 産卵床:63ヶ所 ・ 調査親魚:10尾

2007/10/31 (水)

シカとの遭遇 ─ 10月31日 ・ 豊平川

 カテゴリ:豊平川 

明日から天気が悪そうな予報なので、今日は急きょ豊平川のサケ産卵状況を調べてきました。
川を歩いて産卵場所を確認しながら、ホッチャレも拾って記録していきます。
ホッチャレ、拾ったどー!
秋が深まってくると、ウロコがはげた黄色いホッチャレ(通称イエローサーモン)が目立ってきます。
黄色いサケ
調査もあと少しで終わりというとき、川のまん中を歩いていると、岸の草むらでガサガサと大きな音が・・
「釣り人かな?」と見ると、なんとシカが出てきました。大きな角を持ったオスです。
シカ登場!
シカはこちらから逃げるように豊平橋の下まで行きましたが、その先にも川で作業中の人が・・
おのぼりさん。
またこっちに走ってきて草むらに消えました。
駆け抜ける野生。
河川敷には多くの人がいたので、危ないかもと携帯で110番通報しました。
このあと、このシカが市街地に出て大騒ぎになったそうです。

シカはもう見られないと思いますが、豊平川のサケ観察ポイントも今年はあいかわらず少ないです。
・東橋の上から上流側の川の中を見ると、右岸側に卵を守るメスが3尾いました。
・5号床止でジャンプするサケがいたのと、そのちょっと下流、川底に張った産卵防止の網が終わるあたりで産卵しています。
 (ただし5号床止は11月から工事が入ります)
※人が近くまで行けない場所で、サケが集まって産卵している場所はいくつかあるのですが・・

【本日までの確認数】
 産卵床:409ヶ所 ・ 調査親魚:156尾(うち標識魚32) ・ 推定遡上:約830尾

続報!黄金のサケの味について ─ 10月31日

 カテゴリ:サケ情報 

増毛町の知り合いの漁師さんから、黄金のサケの味について連絡がありました(^-^)
黄金のサケは♀でした!
味については・・身の色は白く、卵も小さく、美味しくなかったと・・
少し残念な気持ちです・・(-_-)

次ページへ »

札幌サケ情報ブログ+(旧) Sapporo Salmon Info. Blog+(OLD) © 2007-2018 札幌市豊平川さけ科学館 All rights reserved.